あそび・レクリエーション
素敵なあそび・レクリエーション
search

簡単に作れる!ワニワニパニックの手作りアイデア

ゲームセンターに行くとある「ワニワニパニック」をご存じですか?

ランダムで出てくるワニを、思いのままたたくゲームで、簡単に遊べることから、子供を中心に人気がありますよね。

子供の頃に遊んでいて、今でも高得点を目指し挑戦する大人の方も、きっといらっしゃることでしょう。

この記事では、ワニワニパニックの手作りアイデアを紹介します!

子供向けのイベントや縁日、おうち遊びに活用できますよ。

牛乳パックやペットボトル、段ボールがあれば意外と簡単に作れるので、ぜひ作って遊んでみてくださいね!

簡単に作れる!ワニワニパニックの手作りアイデア

牛乳パック&突っ張り棒で作る!ワニワニパニック

牛乳パックと突っ張り棒で作る、ワニワニパニックのアイデアです。

その内容は、牛乳パックに折り紙や画用紙を張ってワニの見た目にしていくというもので、手軽にオリジナリティを出せるという特徴を持っています。

というのも、折り紙の色を変えるだけで簡単に世界に一つだけのワニが作れてしまうんです。

ピンク色や黄色のワニなど、本家にはないカラーリングにすると楽しいと思いますよ。

それから、ツッパリ棒を使うので、長さを調節できるのも特徴です。

山本

新幹線バージョンのワニワニパニック

通常、ワニワニパニックではワニをたたきますよね。

しかし、せっかく手作りするのだから、大幅なアレンジを加えてもいいと思うんです。

そこで紹介したいのが、ワニの代わりに新幹線をたたくというアイデアです。

まず用意するのが牛乳パック。

そこに色を塗ったり、貼り絵をしたりして新幹線のようにデザインにしていきます。

あとは、そこに棒を付ければ完成です。

今回は新幹線のアイデアを紹介しましたが、他の乗り物や動物に仕上げてもOKですよ。

山本

段ボールで作る!ワニワニパニック

段ボールだけで作る、ワニワニパニックはいかがでしょうか?

ワニは牛乳パックで作られることが多いですが、空いているパックがないこともありますよね。

そんな時は、段ボールを切り出し、くるくる丸めてワニを作ってみてください。

ただし、巻く回数が少ないと、たたくとつぶれてしまうので、巻く回数を多くするか、軽い素材のハンマーでたたきましょう。

ワニの緑色を出したい場合は、緑の色画用紙を貼っても良いですし、段ボールに直接ペンで色付けしてもいいですね。

ワニが出てくる本体部分は、段ボール1枚と、すずらんテープがあれば作れますよ。

ささしな

ワニワニパニックに使える!ワニワニ人形

牛乳パックで作る、ワニのアイデアです。

まず、緑色の画用紙を巻きつけた、上部を開いた牛乳パックに、底から縦に切り込みを入れます。

全体の3分の1が残るよう、切り込みを入れてください。

これが口部分となりますが、このままだと上下に開かないので、切り込みに対して垂直になるよう、横に切り込みを入れていきます。

これで上顎と下顎が動くようになりましたね。

あとは、上下の顎の内側を少し削り、別の牛乳パックから切り出した歯を付けます。

このワニは、手を入れて口を動かす仕組みなので、上顎と下顎に切り込みを入れ、取っ手をつけるのを忘れずに。

最後に目をつければ完成です!

手につけるので俊敏な動きが可能ですが、たたかれると痛いので、遊ぶ時はやわらかい素材のハンマーをご用意くださいね。

ささしな

ハロウィンバージョンのワニワニパニック

ワニワニパニックといえば、その名の通り、飛び出してくるワニをたたくゲームですが、こちらはそのハロウィンバージョン。

出てくるのはワニではなく、ミイラ男やフランケンシュタインという、オバケたちです。

本体もハロウィンらしくオレンジと紫、黒を基調として作ると、あやしさがしっかり表現されますよ。

オバケの居場所を隠すのれん部分も、夜の闇を表現して、黒で作りたいですね。

保育施設や地域のイベントで、ハロウィンパーティーをするときにぜひ、いかがでしょうか?

ささしな

おわりに

ワニワニパニックの手作りアイデアは、いかがでしたか?

ゲームセンターにあるような電動を作るのは難しくても、手動なら結構簡単に作れてしまうんですよね!

子供たちは夢中になって遊んでくれると思うので、ぜひ作ってみてください。

ハンマーは、100円ショップなどに売っている、ピコピコハンマーを用意しましょう!